風だより

味覚の秋です!

2018年10月01日

皆さん、こんにちは。
10月早々に台風となりましたね。
このところの台風は雨風とも、とっても強く昔この房総では、
雨台風とか風台風とかよく言ったものです。
これは雨の多い台風が雨台風で、雨が少なく風が強い台風が
風台風と言われていました。最近ではこのように分けて表現の
できる台風がないように思われます。
これも地球の温暖化で気象状況が変わってきているせい
でしょうか。

この房総は最近めっきり朝晩が涼しくなり、冬布団がほしいと
感じる日も出てきました。暑い夏が終わり、爽やかな秋の風が
吹き始めたので、もうしばらくこの秋風を感じていたいものだと
思います。

秋の房総は紅葉にはまだ早いですが、なんといっても味覚では
他の地区に負けません。新米に始まり、紅あづまのさつまいもや
栗もありますし、早くも千倉のオレンジセンターではミカン狩り
が始まりました。ご案内書と一緒にミカンを頂きましたが、
とても甘かったですよ。この時期にこんなに美味しく頂けるんだ
と驚きました。ぜひ一度、足を運んでみて下さい。

最近では、この房総でもイチジク、ミカン、梨、ブルーベリー、
キュウイ、またドラゴンフルーツなどかわったフルーツが色々と
作られるようになりました。道の駅では、品選びができますので
楽しみながら道の駅巡りをして下さい。

秋の房総路は田園風景、少しずつ色づく山々を見ながら、鋸山や
和田の花嫁街道、野鳥の森などのミニハイキングコースが沢山
あります。富山(トミサン)は体力に自信がある方におすすめ
です。

私共は研修会を月に1回行いますが、今月は修復工事を終えた
崖観音の見学へ行こうと思います。
崖観音の本尊は養老元年(717年)に行基が、地元漁民の
海上安全と豊漁を祈願して、山の岩肌の自然石に十一面観世音菩薩
を彫刻したと言われています。
観音堂も海風などの影響も大きく、経年劣化による大改修を
1年半かけて行い、平成28年7月に完成致しました。
秋風に吹かれて、地元の観光名所を研修したいと思います。

皆さんも食にレジャーに色々な楽しみ方ができる房総へ、ぜひ
お越し下さいね。

秋のお献立も大好評で、特に金目鯛の蒸し物や真鯛の酢の物など、
またホタテの肝焼き陶板を予定しておりましたが、ホタテの肝に
菌が出たということで、市場に入荷がありません。入荷次第に
ホタテの肝焼き陶板をお出ししたいと思っております。

定置網や早川丸もカワハギ釣りやアジなど秋の魚が釣れ始めました
のに、出港できない日が続いているようです。
ただ皆様にはできるだけ新鮮なお魚が届けられるよう、努力して
まいりますのでスタッフ一同、新しいおもてなしをご準備して
皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 
      風の抄 女将  田邉 ひとみ

ミカン狩り

崖観音

金目鯛俵蒸し

真っ赤に染まる夕日

柿の木