風だより

冬メニューになりました!

2019年12月01日

皆さんこんにちは!

いよいよ、師走となりました。私共にとっては9月、10月の2回の台風では復旧してやれやれと思ったらまた台風という感じで秋を感じることなく、冬、年明けとなりそうです。
風で被害を受けた道端の草や山の折れた木々が枯れてしまい、まだまだ環境整備に力を入れなければと思っております。海岸線は11月10日に地元の消防隊員やボランティア、地元の有志の方達できれいにして頂きました。もちろん、下の私共の海岸線もスタッフや地元の方の応援でとってもきれいになりました。風が吹くたびに汚れますが皆で少しづつきれいにして行くつもりです。環境整備は大事ですね。
今回の災害では大変な思いをしましたが普段の準備、心構えがいかに大事か、そしてよく「絆」と言う言葉を今まで他人事のように聞いていましたがこうゆう事だなと、この歳になって恥ずかしながら心から実感しました。スタッフ一同と「絆」を深めたと感じ合った2ヶ月間でした。
さて、これからは先を見て進みたいと思います。
冬の御献立が決まりました。お正月を意識しての材料をふんだんに使いました。床節、海老や子持昆布を使った前菜、蒸物は蟹がんもを蕪みぞれあんで召し上がっていただきます。ミニトマトと菜花のつけ合わせがとってもよく合う一品です。酢の物は蟹ととびっこを使った洋風仕立てのサラダです。ご飯は鯛を使った豪華な釜めしにしました。鯛のお出しがよく出ていてとっても美味しいです。ぜひ、皆様お越し頂き召し上がってほしい思います。もちろん、伊勢海老や鮑の仕込みも大丈夫です。皆様のお越しをお待ちしております。
それぞれの道の駅も全て元気に営業しております。もうしばらくすると菜の花も咲き始めると思います。来年1月~2月は満開の菜の花畑をお見せできると思います。いちご狩りもお正月~営業できるよう頑張っておりますので楽しみにしていて下さいね。

では、大分寒くなってまいりました。皆様お体に気を付けてお過ごし下さい。スタッフ一同いらしたお客様にごゆっくりお過ごしいただけるように努力して参ります。心よりお待ち申し上げております。

追伸:寄り付き門の竹垣も修理が終わり、新しくなりました。

風の抄 女将 田邉 ひとみ

蒸物

酢物

寄り付き門